流浪星馬

エストレヤ乗りtakeの何気ない日々・・・最近は何もない日々Σ(・∀;ノ)ノ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛をください~ZOO~

川村カオリさんが死去しました。

今朝のワイドショーで流れたから「えっ、誰?」って言う人は少ないと思うけど・・・。

takeはデビューした頃、彼女のファンでした(^_^;)アハハ

その当時は確かベルリンの壁の崩壊、ソ連からロシアへ・・・等々、社会主義国が次々と変革を求められた時代でした。

「社会主義・共産主義」が、あたかもそれは「悪」と証明したとばかりの風潮が蔓延した時代だったように思う。

天邪鬼なtakeはそういう大勢が否定したモノが気になる性分なんだよね((*´∀`))ヶラヶラ

「本当に否定されたモノは悪いのか?」ってね。

なもんで、その当時ここぞとばかりにマルクスの「共産党宣言」とか読み漁りました。

しかも、ロシア語までやり始めたり・・・(^_^;)アハハ

そんなこんなで、ロシアという国、文化、言葉全てが興味の対象になった中で、川村カオリというアーティスト(歌)に出会ったわけです。

4thアルバムまで買いましたね~。

その後、take自身が根無し草的暮らしになったモンだから、いろんなモンの続きが買えない生活になるわけですわ(笑

この4枚のアルバムの中で、「僕たちの国境」とか、「キースの胸で眠りたい」とか、特に好きな歌でした。

彼女の歌には、恋愛といったモノは少なくて、自身がロシア人とのハーフという立場や学生時代の酷いイジメを体験した部分が歌になってるように思う。

それにしても、同世代の人が亡くなるのは自然と「死」というモノを考えさせられます。

若い時は「死」というモノは知っていても近くはない。

しかし、30代後半~40代になってくると人生の半分を消化した年代だから「死」が見える時間になるわけですわ。

takeの場合、子供がいるわけでなし家族があるわけでなしって状態だから、「いつ死んでもいいや」「早く死にて~」って思う反面、「絶対死にたくない」って思う心も存在する。

多分、「絶対死にたくない」ってのが本心なんだろうけどね。

人間、老えば老うほど死から逃れようとする動物ですから。


さて、何を書いてるのか分からなくなってきたので・・・、終わりにします。


最愛の愛娘るちあちゃんを残して、天国へ旅立たれた川村カオリさん。

さぞや心残りだったでしょう。

でも、母の闘い続けた背中を見てきた子です。

きっと強くて優しい子に育ちますよ。


心より川村カオリさんの御冥福をお祈りします。







| 音楽 | 21:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

川村カオリさんは・・・そう、この間TVで初めて知りました。
その時「愛をください」も流れていて・・・「あれ?」と画面に気付いたのですが。。

『愛をください』(zooの歌やドラマの事)が きっかけでtakeさんのブログ知ったんだ~と少し懐かしく、先程 過去記事にも行ってみました。
まだ、本には出会ってませんが、記事の中に書かれてあるいろんな言葉、
2年前よりも より一層心に来ますよ。。
そうそう、、普通に歌だけならTBか何かだったけど、
この言葉が心に残ってコメントしたくなったんだな~。。。

川村カオリさんの気持ち、凄く伝わります、わかります。
・・・ご冥福お祈りしたいと思います。。

| マリルン | 2009/08/02 10:31 | URL |

マリルンさんへ・・・

マリルンさん、お久です(^o^)丿

ま、オイラの更新がお久なんですけどねw

川村カオリさんの死は自分にとって衝撃でした。
癌でであるコトや再発したコトなんかは、テレビとかで知ってはいたんだけどさ。
ほぼ同年代で、好きで聴いてたアーティストが亡くなるというのは精神的に堪えますね(-_-;)ウーン

川村さんの年代で亡くなるのは、若いとか早過ぎるとか言われるけど、ちょっと考えると人生80年としてみれば「折り返し」なんですよね。

そしたら、「死」というモノが既に目の前に存在するコトも不思議じゃない年代なんだって・・・、痛感したんだよね。

もっともっと「生きる」コトや「時間」の大切さを噛み締めなきゃなぁ・・・って、反省した次第です。

| est-take | 2009/08/03 12:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://estkumo.blog102.fc2.com/tb.php/129-5708e608

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。