流浪星馬

エストレヤ乗りtakeの何気ない日々・・・最近は何もない日々Σ(・∀;ノ)ノ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

また一つ昭和が消えた・・・

10月ももう終わりです。
今年は秋はあったんでしょうかねぇ。
猛暑が終わったと思ったら急激に寒くなってしまいました。
これからは物悲しい季節。
そんな中、ここ数日訃報が続きました。


昨日、仕事に行く前にネットを見ていると「野沢那智さん死去」の記事。

これは個人的にショックでした。
takeと同世代の30代後半~40代の人達にとっては、野沢那智という声優を知らない人はいないと思う。
例え、名前を知らなくても声を聴いたら「あ~、この声の人か!!」って思うはずです。

アニメで言えば「新・エースねらえ!」の宗方コーチです。
思い出しましたか?
「岡、エースをねらえ!」ってセリフ。

takeは基本ヲタですから90年代まではよくアニメを貪るように見てましたからw
他には、「ベルサイユのばら」のフェルゼン伯爵や「スペース・コブラ」のコブラが個人的に印象があります。

声優さんと言っても、昭和の声優さんたちは基本が舞台俳優が本職の人しかいませんからね。
演技に関してプロ中のプロ。

最近の声優しか知らない声優さんとは違います。

代替えがきく声じゃないんだよね。
昨今の声優さんんのように誰も彼もが似たり寄ったりの声ならいくらでも代わりはあるんだけどさ。

昭和の声優さんっていうか実年齢40歳以上の声優さんたちは代わりがきく声の持ち主は一人もいないと思う。

考えて見れば、これから年々takeが見ていたアニメで主役級をはってた声優さんたちが鬼籍に入ってく時代になるんだよなぁ。

自分が歳を取ったということは、子供の頃の思い出の人達もみんな歳を取ってることだもんね。

声優さんは俳優さんと違って姿をテレビで見ることが皆無なわけで。
いつも声しか流れてこない。
しかも昔と変わらぬ声。
だから歳を取るって概念が抜け落ちちゃうんだよな。


あと、野沢さんが亡くなる前日にもう一人takeが見ていたアニメ関係の人が亡くなっていました。
脚本家の首藤剛志さん。
最近だとポケモンの劇場版とか書いてたみたいです。
takeの場合、首藤さんといえば「戦国魔神ゴーショーグン」
takeの同世代でいえば「魔法のプリンセス・ミンキーモモ」あたりかな。

戦国魔神ゴーショーグンはアニメではそんなに見たことないんですが、小説版が好きでよく読んでました。
勿論、小説版も首藤さんが書いてました。

特に、「戦国魔神ゴーショーグン・時の異邦人(エトランゼ)」は大好きでした。
この「時の異邦人」はOVA(オリジナルビデオアニメ)にもなりまして、それも大好きでした。


今のアニメも声優さんたちも確かにいろんな意味で綺麗になりました。
けど、それだけなんだよね。

印象が残らないというか・・・。

昔が全てとか言いませんが、昭和の時代の泥臭さっていうのか味っていうのか、そういうモノが足りないんだよなぁ。

ま、アニメとかに限らないんだけどね。

いろんなモノに今は訳の分からない規制が入ってしまって、何でもかんでもダメだしする。
そりゃ、面白いモンも作れなくなるわな。



にしても、野沢さんの訃報はマジでショックだったわ(ノД`)・゜・。

心よりご冥福をお祈りします。


野沢那智さんのスペースコブラ予告編集。
早口なのにこの滑舌の良さ、那智さん以外のコブラはありえないよな。



にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ

| 独言 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://estkumo.blog102.fc2.com/tb.php/157-c3827eac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。