流浪星馬

エストレヤ乗りtakeの何気ない日々・・・最近は何もない日々Σ(・∀;ノ)ノ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「愛をください」

愛をください暇な毎日なもんで、読書の春です(^^ゞ


買うだけ買って、読んで無い本って沢山ありません?


takeは結構あります(-_-;)ウーン


今は引越し等であっちこっちに置き去りにしてあるモンで手持ちは多くないけどね


 


で、今回は愛をください辻仁成著・新潮文庫です


 


この本は10年ぐらい前にドラマ化されたから、知ってる人は知ってると思うけど・・・


菅野美穂江口洋介・伊藤英明といった面々が出演してましたね


takeはこのドラマが大好きで毎週欠かさず見てました(^_^)b


で、ドラマの方は主人公李理香(りりか)が蓮井朱夏(はすい・しゅか)と名乗って覆面歌手としてデビューする場面があるけど、小説にはありません


この時の唄はECHOESのZOOのカバーなんだけど、ドラマの中だけじゃなく実際にも菅野美穂が蓮井朱夏としてCD出して、結構売れましたね


この唄は、いろんな人がカバーしてる名曲ですな


 


小説自体は、李理香と基次郎(もとじろう)の往復書簡という形になってます


養護施設で虐待を受け、愛を知らずに育った李理香は自殺未遂を繰り返す


人を好きになれず(それは愛や恋といったモノだけじゃなくもっと普通の好きという行為ですら)、信じるコトも出来ずに生きて来た


そんな李理香のもとに、ある日一通の手紙が届くトコロからこの物語は始まって行く


基次郎の優しい温もりの文面に李理香は次第に心を開いていく


李理香が崩れ落ちて行く中、基次郎は答える


「頑張って、とは僕はいいたくない。頑張れ、という励ましの言葉を期待しているのなら、それは今の君には全く逆効果ではないかと思うんだ。がんばれ、がんばれ、と励ます歌ばかりが氾濫してる世の中、もうみんなそういう言葉では本当の力は出ない。がんばらなくてもいいんだよ、と僕は言いたい・・・(略)。人間は本当はがんばる必要なんかないんだ。そう思うとおかしなもので逆に力が出てくる。だめになる人というのは、自分に負担をかけすぎてしまう人たちなんだと思う。がんばらなくてもいい、自分のペースで進んでいけばいいんだ。」


基次郎の最後の手紙にこういうコトが記されている


「考えるに、信仰心のある人もない人にも、きっと生き物全てに神や仏やそれ以上の存在から、同等に差し伸べられている手があるように思う。それに気がついて、それをつかむかどうかはそれぞれの自由ということになるんだけれど、本当のところで人間に不平等はないように思うよ。」


「祈りとは拝むことではないように思な。祈りとは、あるがままを受け入れ、それを呼吸のように吐き出すこと。世界にひたって、この人生に感謝することだと思う。苦しいことも嬉しいこともどちらも人生にとっては大事なことだと、最近気がついた。」


幸せは君の手の中にあるよ。ありがとう。そして覚えておいて、僕はいつも君のそばにいるよ。」


 


ココまでで、大体想像はつくと思うけど、基次郎は死んでしまう


もっともっと素晴らしい言葉が綴られているんだけど、ネタばらしになっちゃうから止めとく(^_^;)b


気になる人は一度手にとって読んで見て下さいな


孤独の痛み、人を信じるコト、許すコトの大切さ、愛のあるべき姿が記されているから・・・


| | 21:37 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

見てました!!

初めまして。お邪魔します。
愛をください、本は読んでないけど、ドラマはやっぱりビデオ撮って見てましたー!! 
頑張らなくていいんだ、は、私の大好きな言葉です♪ それを逃げと言う人もいるけど、惰性に流されなければ、時として必要じゃないかと思います。
長くしました、すみません☆

| トモ | 2007/05/09 22:00 | URL |

トモさんへ・・・

はじめまして、トモさん(^o^)/

ドラマ、凄く良かったですよね~


「頑張らなくていいんだ」って言葉は自分を自然体で行けばいいんだよって、私は思いました

また、遊びに来て下さいね(^_^)b

| take | 2007/05/09 22:18 | URL |

観てたよ(^-^)

小説は読んだ事無いけど、ドラマは欠かさずに観てた。

辻 仁成…
前の奥さんの南 果穂との間に一子を授かったんだけど…
妊娠中毒症が酷くて、出産の時 果穂さん危なかったんだよね…。

ま、この話は置いといて…

゛頑張らなくていいんだよ゛
って言葉、私も大好きです。

゛頑張れ゛って言葉が、ほんと辛い時がある。

頑張れって言われるよりも、よく頑張ったね‥辛かったねって、頭撫でてもらった方がどんなにか救われる…。


ごめん、度々お邪魔していながら、パソコンじゃないからポチっとなが出来ない…(^o^;)ゞ


| 桜子 | 2007/05/13 12:02 | URL |

初めまして

最近この本読みました。
昔雑誌に連載されていて、その時からずっと気になっていたんですが、それが「愛をください」だということが最近分かりやっと単行本を読んだところです。

私も「頑張って」はあまり好きじゃないです。
辻仁成は初めて読みましたが、李理香の気持ちや行動になんとなく理解できるところも多々あり、とてもいい本だと思いました。

| primarose | 2007/05/13 20:54 | URL | ≫ EDIT

桜子さんへ・・・

桜子さん、こんちゃ(^o^)丿

ってか、桜子さんって言い辛いから、何時も通り姉さんにするわ

この本も1度読んで見てや

そんな厚い本やないで、サクサク読めるしオイラの紹介よりず~っと心に沁みるでさ

ポチッとは気にせんでええよ(^_^)b

| take | 2007/05/13 21:56 | URL |

primaroseさんへ・・・

はじめまして、primaroseさん(^o^)丿

私も李理香の気持ちがよく解ります

李理香の心の傷、痛み、諸々は現代社会が抱える孤独というモノなのかもしれません

頑張って・・・

人は皆、生きるコトが頑張っている証だから、頑張ってる人に頑張ってと言うコトほど酷いコトはないんじゃないかなって、思います

| take | 2007/05/13 22:05 | URL |

初めまして

コメントをお書きください。
初めまして、お邪魔します。
(ずいぶん日にちが経った後ですが、・・・・・。)
「愛をください」の題名で検索していた時、偶然ここへ辿り着きました。

takeさん(で、よろしかったですか?)のブログをザッと見せていただきましたョ。
興味深い記事もあり、また寄らせていただきたいと思います。
今回、TBが上手く貼れず、コメントでお送りしました。
宜しかったら、こちらも覗いてみてください。




| マリルン | 2007/07/01 00:14 | URL |

マリルンさんへ・・・

マリルンさん、(★´ー`)ノ[初めまして~♪]

「愛をください」はドラマを見てましたよ

もう7年も前の作品ですが、素晴らしい番組でした
愛とは何か、人を信じ、許すとは何か、考えさせられたドラマでした

また、遊びに来て下さいね

| est-take | 2007/07/01 08:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://estkumo.blog102.fc2.com/tb.php/5-55e32382

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。