流浪星馬

エストレヤ乗りtakeの何気ない日々・・・最近は何もない日々Σ(・∀;ノ)ノ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「遭難者の夢~家族狩り・第二部~」

現実の世界で、子どもが母親を殺し、切断する事件が起きたのは、連日のニュースで知らない人はいないだろう


その事件が起きる少し前に、この「家族狩り」を読み始めたわけやけど、物語の中で展開される殺人事件も「子どもが親を殺す」事件なんだよね


残虐さという点でも、現実に劣らず凄惨な殺し方をしている


まだ最後まで読んでいないので、犯人が子どもとは限らないわけだけど・・・


ただ、現時点では「子ども」が親を殺し、自ら自殺したという展開になっています


 


第一章で、氷崎游子は自分の仕事に限界を感じながらも虐待を受ける女児に胸を痛めていた


馬見原刑事は過去の事件から親しくなった冬島母子に対する想い


そして自分と家族との確執に悩んでいた


高校教師・巣藤はある1人の女子生徒の傷害事件に巻き込まれる


この傷害事件によって、主人公3人が絡み始める


そして、第一章の最後に、巣藤のアパートの隣に住む家族・麻生家の猟奇的殺人事件が起きる


その第一発見者が巣藤浚介だった・・・


 


遭難者の夢

 


~第二章~


麻生家の凄惨な現場を目撃した巣藤は、その光景を振り払う為に酒に溺れ、不良少年グループに暴行を受けた


その暴行により、子どもたちの集団に恐怖を覚える様になってしまう


一方、游子は保護した少女をめぐり、その父親と衝突する


警察内では、麻生家の事件を息子・達也による無理心中という結論に固まりつつあった


しかし、馬見原刑事は納得出来ず、1人捜査を進めて行く中、冬島母子に関わる過去からの男が馬見原の前に現れる


そして、また猟奇的な事件が起きようとしていた・・・・・


 


この第二章では、主人公3人の過去・現在の問題が表されていきます


特に巣藤の子ども時代の過去における両親との確執が印象深いですね


両親の言っているコトは正論だし間違ってはいない・・・


けど、何処か「間違ってる」様に感じてしまう「不快さ」


巣藤が全てに対して「無気力」になった原因でもある


そう「何もしなかった」コトに対する罪


世の中は「罪」にあふれてるという両親の教え・・・


さらに、家族・子ども、世の中の悲劇がいっそう考えさせられる物語になっています


 


実の事件における家族のあり方と小説の中の家族のあり方が、少なからず同質のモノの様に感じてしまう今日この頃です・・・・・


| | 03:52 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おじゃましますぅ

takeさん。お言葉に甘えてきちゃいましたぁ~。
なんか、takeさんの新たな一面を見てしもたぁ。・・・って感じで、びっくりしてます。
でも、takeさんチックなとこもあって(笑)楽しいっす~~♪
また、遊びに来ますね!!

あっ、アタイのブログ、「お気に入り」までしてくれてありがとぉ~。めつちゃうれしいなぁ。

それと、キャロルくん(?)に言葉、教えたったぁ。

| SOLA | 2007/05/21 06:23 | URL | ≫ EDIT

SOLAさんへ・・・

ようこそ~~~っヽ(^o^)丿

何時でも遊びに来てなぁ

そうそう、今はFC2ブログ使ってるけど、前はgooブログやったんや

旧ブログもそのままにしてあるから、暇な時でも覗いて見てや(^_^)b

入り口は、このブログの最初のページにあるよ

| take | 2007/05/21 18:06 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/05/21 19:47 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://estkumo.blog102.fc2.com/tb.php/8-194294da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。