流浪星馬

エストレヤ乗りtakeの何気ない日々・・・最近は何もない日々Σ(・∀;ノ)ノ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「贈られた手~家族狩り・第三部~」

贈られた手家族狩り・第三部~です(^_^)b


贈られた手


氷崎游子と虐待された少女の父との確執


馬見原刑事と冬島母子、そして過去から戻って来た冬島綾女の離婚した夫の確執


高校教師・巣藤と傷害事件を起こした少女・芳沢亜衣の確執


巣藤は暴行を受けたコト、第一、第二の一家殺人事件に触れたコトにより、今までの自分の「無気力さ」に対して疑問を持つようになっていく・・・


そんな中、偶然知り合うコトになったかつての教え子・鈴木渓徳(スズキ・ケイトク)によって、心の中が変わっていくのを感じた


それぞれの問題を抱えたまま、物語は進んでいく・・・


 


今回は游子の開催したセミナーで民間ボランティアで電話相談室をしている山賀葉子が放つ「家族のビジョン」についての語りが印象的です


「真の家族に必要なものは、目新しいものじゃありません。愛です。無償の愛です。(略)いまの家族には、捧げる愛が、希薄に思えてなりません。政治や経済の要請、またマスコミやメディアが作り上げたイメージに踊らされて、人はなにより個人の欲求を優先するようになりました。確かに物質的な豊かさを、社会は手に入れました。でもいま、おれが、わたしがと、多くの人が自己中心的な夢ばかり語っています。自分の夢や理想を追うためなら、子どもを犠牲にしても仕方ないと、そう考える大人がいま多くないですか?(略)


「見返りを期待せずに人を愛するのは、とても難しい。親なら、家族なら、しぜんと無償の愛があると考えるのは、幻想です。家族が幸せであること、それは幻想ではなく、希望であり、目標です。自覚と、努力が必要なものです。


「自分の子どもの頃を思い出してください。親の愛が足りないと感じたことはありませんか?(略)もっと包容力のある、絶対的な愛を欲していた、なのに叶えられなかった・・・・・。大人になっても、その欲求不満は、心の奥でくすぶりつづけます。でも二度と叶えられない、だから代替物として、金銭や権力を、あるいは人からの拍手や、ほめ言葉を欲しがるんです。新しい恋愛や性的な関係を、つねに欲しがる人もいます。親の愛を十分に知らない人が、お金や地位や性的なもので、かつての寂しさを埋めようとする事例を、聞いたことはありませんか?


「喜びそうなモノを次々と買ってあげたり、英才教育をさずけたりすることには、子どもの幸せを願う気持ちのほかに、自分可愛さの感情混じっていないか、反省してみることも必要です。いい学校に入れてもらったことと、ただ愛を捧げてくれたこと・・・・・どちらに、あなたは親へのより深い感謝を抱きます?


「自己犠牲的な愛を、どう相手に伝えるか・・・・・見返りを期待せずに愛することのできる自分へ、どうすれば成長してゆけるのか・・・・・そこに人として悩む価値はあるように思います。家族それぞれが、互いに愛を捧げ合えたとき、何ものにも代えがたい一体感が生まれるでしょう。その一体感こそが、幸福と呼ばれるものじゃないですか(略)」


 


これら言葉の中には、今の日本が抱えてしまったモノが沢山語られています


愛とは何なのか、家族とは何か、本来あるべき姿が綴られているのではないでしょうか?


| | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ♪

拍手送ろうと思ったら・・・変なん出てきて入れれ
なかった・・・(ノД`)

内容が濃いですねー。

雑誌でだけど、<今は大人が子供の気持ちを分かろうとする姿勢が希薄になってる>ってコメントがあったのを
読みました。
今の子は、愛情に飢えてる。
親は子供をちゃんと愛してるのに、それが<押し付け>だったり、伝わってなかったりして、すれ違ってしまう
って。

子供が何か事件を起こすのは、<気づいてよ>のサイン
だそうです。

自分が愛されてると思って育った子供は、そう大きく
道を踏み外さない、ともありました。

このブログを見て、この本に興味をもち、一人でも
多くの人が、一番小さな<社会>である家庭のあり方を
考え、話し合うきっかけになればいいですね。

すごいわ、takeさん♪
ほんっと、読み応えのあるブログだわー!(笑

| トモ | 2007/05/23 21:20 | URL |

トモさんへ・・・

ばんわ、トモさん(^o^)丿

多分、子どもは昔から本質は変わってないと思う

逆に大人の方が、世間の体裁や見栄、お金、といったモノに左右されて、何が大切なのかが見えなくなってしまった様に思えるんだよね

ま、そういう話は個人的な考えや思想も含まれてくるから、控えるけど・・・

オイラの考えは偏ってるし、過激な部分があるから・・・(^_^;)アハハ


それと、拍手は「ログインしない」でクリックすればええよ

| take | 2007/05/23 21:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://estkumo.blog102.fc2.com/tb.php/9-2b540006

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。